読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枯れ女の自由奔放ライフ

枯れ女ミニマリスト・弥生の日常を綴ります

映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Zボルケニオンと機巧のマギアナ」の感想

今週のお題「映画の夏」

世間がオリンピックやシン・ゴジラでわき返る中、夏の恒例であるポケモン映画を観てきました。

今年はサン&ムーンも出るし、その中で活躍するマギアナは逃せません。ポケモンをしっかり楽しむなら、映画は避けて通れない道です。

ランキング参加中。応援してくださる方はクリックをお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 結構面白いのに

ここ数年は物足りなさを感じていたポケモン映画でしたが、今年は最後まで飽きずに見ることができました。話の筋もなかなかしっかりしていたように思います。

複雑な事情を抱えたポケモンの苦悩や国の支配を目論むお約束の悪者など、キャラクター間の駆け引きがちゃんと描かれているのが良かったです。レギュラー陣もいい味を出していました。

それでも今年度の興行収入は、過去のものに比べて振るわないようです。ポケモン以外にも力作ぞろいなのも理由かもしれませんが、見れば面白いのにと少し残念にも感じました。

どうも人工物に弱いらしい

今年のポケモン映画では、人に作られたポケモンマギアナ」が出てきます。最初は世のため人のために作られたのに、最終的に複雑な事情で山奥へ引きこもることを余儀なくされた可哀想な存在です。

最初は金ピカだったのがだんだんメッキが剥げて地の鉄がむき出しになっていくところなど、まさにドラえもんのごとし。ロボット特有の哀愁を感じさせました。

作中の中でも度々ひどい目にあうマギアナですが、ただピポピポ言ってるだけのポケモンなのになぜか深い同情を覚えました。

映画第一作目のミュウツーといい、どうも私は人工的な存在に心惹かれるものがあるようです。人間の都合に振り回されて何やかんやというのは、普通の人間以上に目が離せません。

(ただ、「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」はイマイチでした。キャラは良かったのに話がシンプル過ぎたのが残念です)

人工的な存在には必ずある「何で自分はここに居るねん」みたいな悩みが、私の中に眠る中二心を揺さぶるのかもしれません。中川翔子氏が「ミュウツー様」というのも、ほんの少しですが頷けます。

ポケモンバトルシーン

さらに映画の中で印象に残ったのは、ポケモンの戦闘シーン。気のせいかもしれませんが、今年は妙に気合の入った作りに思いました。

メガシンカが目白押しということもあり、制作陣にも力が入っていた可能性もあります。レギュラー陣のポケモンにそれぞれ活躍の場がちゃんと用意されていたのも満足できました。

惜しむべくは、最初と最後のシナリオが少々間延びしていたことです。後1つくらいイベントがあれば、もっとテンポが良くなったような気もします。今年はショートムービーがなかったので、そのせいで間延びしたのかもしれません。

 

来年は20周年ということで、また大作が作られるのを期待しています。ポケモンサン&ムーンが出る前に、逆転裁判6をさっさとクリアしようと思います。